体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を

メタボとはメタボリックシンドロームの略称で、内臓脂肪型肥満に加えて高血糖、高血圧、脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態のことです。内臓脂肪症候群や、インスリン抵抗症候群は、

メタボリックシンドロームの症状の1つとして考えられます。メタボの診断基準は日本独自のものとなっていて、世界保健機関や海外の国々とは異なっています。高血糖や、高血圧の対策には、内臓に蓄積されている脂肪の代謝が重要であることが、内臓型肥満の研究によって判明するようになりました。血糖値や、血圧を適正に保つことが健康維持の上では重要であることは、高血糖や、高血圧は、将来的に動脈硬化になりやすくなることからもわかります。将来的に、命を脅かす深刻な疾患を発症しないようにと、メタボリックシンドロームという考え方が発生しました。肥満という言葉から太っている人をイメージしますが、見た目が肥満で無い人がメタボであると診断される場合もあるようです。メタボリックシンドロームの診断では、血糖値や、血中脂肪のほか、腹囲が何㎝あるのかを計測することが必要になります。男性は85センチ以上、女性は90センチ以上の人はメタボリックシンドロームのリスクがあると診断されます。

腹囲が大きいほどメタボと診断されやすいという印象を持っている人は少なくないですが、腹囲がメタボの基準を満たしていても、体重は多くないというケースもあります。もしもメタボリックシンドロームだと言われたら、今後も健康で生きていくためには、メタボを解消していかなければなりません。運動量を増やし、毎日の食事内容を見直して適正なカロリー摂取量を心がけることで、内臓脂肪の燃焼を促し、体重を減らして、メタボリックシンドローム解消を目指しましょう。

太らない食べ物で徹底した毎日の食生活を改善していく対策が必要です。ダイエットは、太らない食べ物に慣れるとストレスなく継続することもでき一石二鳥です。
太らない食べ物の効果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする